武器の表示を拡張【RPGツクールMZ&MVプラグイン】

2021年11月18日

 サイドビュー戦闘における武器の表示を拡張します。


機能

  • 武器の表示位置を調整。
    ※標準とはサイズの異なるバトラーにも適応できます。
  • アクター毎の位置調整も可能。
  • 武器の1パターン当たりのサイズを変更可。
  • 31番目以降の武器画像に対応。
    ※デフォルトではWeapons3.pngの6番目(=30番目)までしか選択不可。
  • 武器の色調を変更。

 ※ちなみに武器画像は『img\system』にあります。

目次


導入方法(Install)

更新履歴(History)

アクターのメモ欄(Note of Actors)

武器のメモ欄(Note of Weapons)

プラグインパラメータ(Plugin Parameter)

武器のX座標(WeaponX)

武器のY座標(WeaponY)

武器の横幅(WeaponWidth)

武器の縦幅(WeaponHeight)

31以降の画像に対応(SupportOver30Image)


導入方法(install)


 以下のファイルを右クリックで保存し 、[プロジェクト]\js\plugins に放り込みます。ツクールのプラグイン管理から機能をONにしてください。
 ※このプラグインはMV、MZの両方で有効です。

 NRP_WeaponSetting.js ver1.00(2021/11/18)

 ※冒頭の動画のように武器の色変えと二刀流を併用するためには、DynamicMotionプラグイン(MVMZ)の更新が必要です。さらに、こちらのサンプルを参考に、二つ目の武器を振る際に武器IDを指定してください。

更新履歴(History)


2021/11/18(ver1.00)

  • 公開!

アクターのメモ欄(Note of Actors)


<WeaponX:?>

 武器のX座標を調整します。数式可。
 マイナスで左に移動します。

<WeaponY:?>

 武器のY座標を調整します。数式可。
 マイナスで上に移動します。

武器のメモ欄(Note of Weapons)


<BlendColor:[255,255,255,255]>

 武器の色調を変更します。
 0~255までの数値が有効です。
 赤、緑、青、強さの順で設定してください。

プラグインパラメータ(Plugin Parameter)


武器のX座標(WeaponX)

 武器のX座標を調整します。
 初期値は-16です。

武器のY座標(WeaponY)

 武器のY座標を調整します。
 初期値は0です。

武器の横幅(WeaponWidth)

 武器(1パターン)の横幅を調整します。
 初期値は96です。

武器の縦幅(WeaponHeight)

 武器(1パターン)の縦幅を調整します。
 初期値は64です。

 ※横幅〜縦幅を変更した場合、Weapon?.pngの画像サイズも合わせて変更する必要があります。


 例えば、上記の画像では剣を右上に振り上げていますが、そのために『武器の横幅』を160に変更し、画像サイズも576->976に拡張しています。その上で通常は不可能な右側に剣を寄せることで、振り上げる動作を実現しています。

 下がそのために編集した武器画像です。Weapon1.pngに上書きして使用することもできますが、Weapon2以降は作っていません。



31以降の画像に対応(SupportOver30Image)

 31以降の武器画像に対応させます。
 ※デフォルトではWeapons3.pngの6番目(=30番目)までしか選択できない仕様です。

 オンにすると画像をなしにした場合、武器タイプの番号に対応する画像が、自動で選択されるようになります。
 例えば、武器タイプが31番目の場合、Weapons3.pngの7番目の武器画像が選択されます。さらにWeapons4.png以降のファイルを追加すれば、37番目以降の武器画像として認識されます。

 ※ちなみに武器タイプの追加はデータベースの『タイプ』で設定。武器画像は『システム2』の『[SV]攻撃モーション』で設定します。

 >RPGツクールMZ&MV目次に戻る
posted by 砂川赳 at 08:41 | RPGツクールMZ&MV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする