バトラー&キャラクターに残像効果を付与【RPGツクールMZ&MVプラグイン】

2023年01月03日

 バトラーまたはキャラクターに対して残像効果を付与します。


 DynamicMotionとの連携によって、スキルの演出が可能です。
 残像の表示時間、間隔、色調などをプラグインパラメータで調整可能です。
 戦闘時については、DynamicMotionから呼び出すことを想定しています。


 ver2.00よりマップ上での使用にも対応しました。
 マップ版DynamicMotionでの使用はもちろん、スクリプトから直接実行することも可能です。

目次


導入方法(Install)

更新履歴(History)

基本的な使用法(Basic Usage)

DynamicMotionのサンプル(Sample)

移動ルートの設定の記述例(Sample2)

オプション(Option)

DynamicMotionのサンプル(Sample)

プラグインパラメータ(Plugin Parameter)

表示時間(Duration)

間隔(Interval)

不透明度(Opacity)

色調(Color)

合成方法(BlendMode)

参考(Reference)


導入方法(install)


 以下のファイルを右クリックで保存し 、[プロジェクト]\js\plugins に放り込みます。ツクールのプラグイン管理から機能をONにしてください。
 ※このプラグインはMV、MZの両方で有効です。

 NRP_Afterimage.js ver2.02(2023/01/03)

更新履歴(History)


2023/01/03(ver2.02)

  • 戦闘開始直後に残像処理を実行するとエラーになる不具合修正。

2022/04/17(ver2.01)

  • マップのスクロール時に残像位置がズレる不具合修正。

2022/02/19 -> 2022/03/31(ver2.00 -> 2.004)

  • マップ上でのキャラクターにも対応。
  • 処理を見直して軽量化。
  • 残像消去時に、キャラの描画が乱れる不具合修正。
  • 回転時に残像の位置がズレる不具合修正。(ver2.001)
  • マップ版DynamicAnimationを導入していないと動作しない不具合修正。
    (2022/02/24 ver2.002)
  • DynamicMotionの空中処理用に微調整。(2022/03/04 ver2.003)
  • ChangeEquipOnBattleMZ.jsによって戦闘中の装備変更を行うと、無限循環エラーとなる問題に対応。(2022/03/31 ver2.004)

2021/11/13(ver1.01)

  • EnemyCallsAlly.jsなどの外部プラグインで敵キャラを追加した場合、エラーになる競合に対処。

2021/08/27(ver1.00 -> 1.001)

  • 公開!
  • 戦闘終了後に再度戦闘すると残像処理でエラーになる不具合修正。(08/27 ver1.001)

基本的な使用法(Basic Usage)


 バトラーまたはキャラクターを指定して、以下のスクリプトを呼び出せば実行できます。
 ※aはバトラー(アクター/敵)またはキャラクターです。

a.afterimage().start();

 残像を開始する。

a.afterimage().end();

 残像を終了する。
 ※省略した場合、アクション終了時に自動で終了します。
 ※マップ上では自動終了しないので注意してください。

DynamicMotionのサンプル


<D-Setting:NoStep>
<D-Motion:near>
script = a.afterimage().start();
</D-Motion>

<D-Motion:attack>
script = a.afterimage().end();
</D-Motion>

<D-Animation/>
<D-Motion:return/>


移動ルートの設定の記述例

 マップ上で使用したい場合は『移動ルートの設定』のスクリプトで以下のように記述すればOKです。
this.afterimage().start();

 終了時は以下のようになります。
this.afterimage().end();



 aではなくthisを対象にする以外は全く同じです。
 下記のオプションも同じ要領で使用できます。

オプション(Option)


 通常はプラグインパラメータの設定値を使用しますが、スキル毎に設定を変更することもできます。

a.afterimage().setInterval(4);

 残像の表示間隔を4フレーム(4/60秒)に設定する。

a.afterimage().setDuration(30);

 残像の表示時間を30フレーム(30/60秒)に設定する。

a.afterimage().setOpacity(128);

 残像の初期不透明度を128/255に設定する。

a.afterimage().setColor([255, 255, 255, 255]);

 残像の色調を[255, 255, 255, 255]に設定する。
 ※赤、緑、青、強さの順番

a.afterimage().setBlendMode(1);

 残像の合成方法を1:加算に変更する。
 ※0:通常, 1:加算, 2:乗算, 3:スクリーン

DynamicMotionのサンプル


 以下のように開始処理の後でオプションを設定してください。
 ※改行すると動作しませんのでご注意を。

<D-Setting:NoStep>
<D-Motion:near&jump>
script = a.afterimage().start(); a.afterimage().setInterval(4); a.afterimage().setDuration(60); a.afterimage().setOpacity(255); a.afterimage().setColor([0, 0, 255, 255]); a.afterimage().setBlendMode(1);
</D-Motion>

<D-Motion:attack>
script = a.afterimage().end();
</D-Motion>

<D-Animation/>
<D-Motion:return/>


プラグインパラメータ(Plugin Parameter)


表示時間(Duration)

 残像が消滅するまでの時間です。

間隔(Interval)

 残像を生成する間隔です。1/60秒単位で設定してください。

不透明度(Opacity)

 残像を生成する際の不透明度です。
 残像はこの不透明度で生成された後、徐々に薄くなっていきます。

色調(Color)

 残像の色調です。例:[128, 128, 255, 255]

合成方法(BlendMode)

 残像の合成方法です。

参考(Reference)


 このプラグインの制作に当たり、以下のプラグインを参考にさせていただきました。

 SAN_ResidualSprites.js(サンシロ様)
 https://github.com/rev2nym/SAN_ResidualSprites

 >RPGツクールMZ&MV目次に戻る
posted by 砂川赳 at 13:25 | RPGツクールMZ&MV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする