前の記事 TOP 次の記事

2012年07月28日

【王道長編RPG】メニュー画面のデザインとか

menu_top.png
Labyrinth Starでは、目に優しい黒板色のメニューを採用していましたが、地味な感は拭えません。次なる作品では、ウインドウデザインを変更し、雰囲気を変えていこうと思います。

menu_gradation.png
そんなわけで、色々と試してみましたが、グラデーションを活用すると、ゲーム画面では、なぜか色数が落ちてしまい綺麗に表示されません。元々は黒〜青のグラデーションが120色程、使用していたのですが、20〜30色程度しか表示されていません。昔、WindowsXPで開発していた頃はこんな事は無かったような気もします。
ともかく、今の自分の環境(Windows7)でまともに表示されないので、グラデーションに頼らない方法も試してみました。

menu_gray.png
灰色のタイルっぽい感じにしてみました。地味な事は一緒ですが、雰囲気は変えられたかなと思います。微妙にFF9を意識しています。

menu_flame.png
枠をピクチャーとして表示し、背景と切り離すようにしてみました。青色の部分を透明色としています。これなら背景を変更することで、簡単にウインドウデザインを変更することもできます。コンフィグとして、プレイヤー側でデザインを変更できるようにしたいと考えています。


最近はひたすらストーリー制作に時間を当てているため、スクリーンショットのような目に見える成果は少なめです。更新のネタとしては微妙ですが、それなりに捗ってはいます。

ゲームクリアまでのあらすじは一応できたので、今は各イベントのセリフなど、脚本を書いています。1日に1500〜2500字程度のペースで進行中です。遅いかなとも思うのですが、プロの小説家ですら、20万字前後の小説を年に数冊という程度のようなので、そんなものかも知れません。

最終的な文章量は20〜30万字規模になりそうな気がしています。ベタな王道を申し訳程度に捻ったストーリーのはずですが、えらく文章量が増えてきました。文章が多い事自体は悪くありませんが、冗長な会話が多いかもしれません。本筋の会話はもうちょっと簡潔にできないかと考えています。

ちなみに、DQ・FFの文章量については以下にまとめています。

開発規模・期間の想定 (RPG制作講座)
http://newrpg.seesaa.net/article/205997821.html

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

posted by 砂川赳 at 06:00 | 開発記録

まとめ





Powered by Seesaa