天候機能を拡張【RPGツクールMZ&MVプラグイン】

2022年09月25日

 天候機能を拡張します。
 通常は不可能な強さを指定したり、オリジナルの天候を作ったりできます。


特徴

  • 天候の強さ、向き、速度、色などを自由に変更
  • 指定した画像を降らせる
  • 戦闘時も天候を有効に

目次


導入方法(Install)

更新履歴(History)

使用方法(Usage)

MZ用プラグインコマンド(PluginCommandMZ)

MV用プラグインコマンド(PluginCommandMV)

プラグインパラメータ(基本)

戦闘中も天候を表示(WeatherOnBattle)

天候の強さ(MaxSpritesByPower)

暗くする度合(DimmerLevel)

暗くする限界値(DimmerLimit)

Z座標(Z)

テンプレート一覧(TemplateList)


プラグインパラメータ(テンプレート:基本設定)

テンプレートID(TemplateId)

タイプ(Type)

強さ(Power)

時間(Duration)

完了までウェイト(Wait)

暗くする度合(DimmerLevel)

画像(Image)


プラグインパラメータ(テンプレート:画像を指定しない場合)

色調(Color)

画像を個別作成(IndividualBitmap)

粒の横幅(ParticleWidth)

粒の縦幅(ParticleHeight)


プラグインパラメータ(テンプレート:速度設定)

速度X(SpeedX)

速度Y(SpeedY)


プラグインパラメータ(テンプレート:位置設定)

発生地点の横範囲(StartWidth)

発生地点の縦範囲(StartHeight)

発生地点のX座標補正(AdjustStartX)

発生地点のY座標補正(AdjustStartY)


プラグインパラメータ(テンプレート:表示設定)

合成する色調(BlendColor)

合成方法(BlendMode)

拡大率(Scale)

角度(Angle)


プラグインパラメータ(テンプレート:不透明度設定)

開始不透明度(StartOpacityBase)

開始不透明度分散(StartOpacityRandom)

不透明度減少値(ReduceOpacity)

終了不透明度(EndOpacity)


導入方法(install)


 以下のファイルをダウンロードし 、[プロジェクト]\js\plugins に放り込みます。ツクールのプラグイン管理から機能をONにしてください。
 ※このプラグインはMV、MZの両方で有効です。

 NRP_WeatherEX.js ver1.012(2022/09/25)

更新履歴(History)


2022/08/30 -> 2022/09/25(ver1.01 -> 1.012)

  • 天候にZ座標を設定できるようにした。
  • MZ用プラグインコマンドにて『粒の横幅』『粒の縦幅』が有効にならない不具合修正。
  • Z座標が0の際、機能が有効にならない不具合修正。
    (2022/09/24 ver1.011)
  • Z座標が設定されている際、オリジナルの天候が消去できない不具合修正。
    (2022/09/24 ver1.012)

2021/05/28(ver1.00)

  • 公開!

使用方法(Usage)


 プラグインパラメータを調整すれば、既存の天候の挙動を調整できます。

 プラグインコマンドを使用することで、既存の天候(雨、嵐、雪)を通常とは異なる設定で呼び出すことが可能となります。

 また『テンプレート一覧』に詳細な設定をすることで、オリジナルの天候を作成可能です。
 作成した天候はプラグインコマンドで呼び出します。

MZ用プラグインコマンド(PluginCommandMZ)


天候の設定

 天候を変更します。
 テンプレートIDを指定すれば、設定を呼び出すことが可能です。

 初期状態では以下が利用可能です。
  • colorful:カラフルな雪が降り注ぎます。
  • sandstorm:横に向かって砂嵐のような線が流れます。
  • earthlight:地面から上に向かって光の球が上昇します。



 その他にも様々な設定が可能です。
 詳細はプラグインコマンド内の説明を参照してください。
 テンプレートに対して、一部の設定だけを変更することも可能です。

 なお、終了する場合はタイプを『なし』に指定すればOKです。
 普通のイベントコマンドでも問題ありません。

MV用プラグインコマンド(PluginCommandMV)


NRP.WeatherEX.Id [テンプレートID]

 処理内容はMZ版と同じです。
 ※大文字小文字は不問。[]は含めないでください。

 このコマンドを指定する前に、オプション(下記参照)を指定可能です。
 例えば、以下のようになります。
NRP.WeatherEX.Power 20
NRP.WeatherEX.Time 60
NRP.WeatherEX.Wait true
NRP.WeatherEX.Id colorful

 Powerは強さ、Timeは時間、Waitは完了までウェイトに相当します。
 ※MZ版と異なり、プラグインコマンドでの詳細な設定はできません。
  作者が面倒になって諦めました。
  そんなわけで、テンプレート内に設定してください。


 また、テンプレートからの呼び出しを行わない場合は、タイプ(rain, storm, snowのいずれか)を指定すればOKです。
NRP.WeatherEX.Power 20
NRP.WeatherEX.Time 60
NRP.WeatherEX.Wait true
NRP.WeatherEX.Type rain


プラグインパラメータ(基本)


戦闘中も天候を表示(WeatherOnBattle)

 戦闘中も天候を表示するようにします。戦闘中の天候変化も有効となります。
 ※公式のWeatherOnBattle.jsにも同様の機能がありますが、あちらは戦闘中の天候変化は受けつけない模様です。

天候の強さ(MaxSpritesByPower)

 天候の強さです。10を基準にして雨や雪の降る量を調整できます。

暗くする度合(DimmerLevel)

 天候の強さに応じて画面を暗くする度合いです。
 初期値は6。一段階毎にX/255暗くなります。

暗くする限界値(DimmerLimit)

 画面を暗くする効果の限界値です。強さを上げても、これ以上暗くならないようにします。

 なお、これらの画面を暗くする効果は、ツクールMV〜MZの標準機能です。
 個人的には雪の白さを強調したい場面などでも勝手に暗くなるので、ありがた迷惑だったりします。
 そういった場合、0にすると無効化できます。

Z座標(Z)

 天候の表示優先度を変更します。
 ※0:下層, 1:キャラ下, 3:キャラ, 4:上層5:キャラ上, 6:飛行船影, 7:フキダシ, 8:アニメ, 9:目的地

 なお、この設定を行うと標準では天候はピクチャの下に表示されるようになります。
 制御をしたい場合はピクチャ毎に表示優先度を変更するプラグインと組み合わせてください。
 ※解除する場合はDELキーで空白にしてください。

テンプレート一覧(TemplateList)

 定義された天候テンプレートの一覧です。新しいテンプレートの追加も可能です。

プラグインパラメータ(テンプレート:基本設定)


 以下はテンプレートの設定となります。

テンプレートID(TemplateId)

 テンプレートを呼び出すためのIDです。

タイプ(Type)

 天候の種類です。雪の場合は円形、他の場合は線になります。

強さ(Power)

 天候の強さです。

時間(Duration)

 天候変化にかける時間です。60が1秒に相当します。

完了までウェイト(Wait)

 天候変化の終了までウェイトします。

暗くする度合(DimmerLevel)

 天候の強さに応じて画面を暗くする度合いです。初期値は6。強さが増える毎にX/255ずつ暗くなります。

画像(Image)

 粒(パーティクル)に使用する画像です。これを指定した場合は色調、横幅、縦幅が無視されます。

プラグインパラメータ(テンプレート:画像を指定しない場合)


 粒に画像を指定しなかった場合のみ、有効となる項目です。
 粒の表示に関する設定が可能です。

色調(Color)

 粒の色調です。例1:"white", 例2:"#FF0000", 例3:"[255, 64, 0]"

 例3の形式のみ数式可です。
 例えば、サンプルの『colorful』では[Math.randomInt(255), Math.randomInt(255), Math.randomInt(255)]とすることで、粒毎に色をランダムで変えています。下の『画像を個別作成』をオンにする必要があります。

画像を個別作成(IndividualBitmap)

 粒の画像を個別に作成します。
 オンにすると少し負荷が上がりますが、粒毎の色調変更などができるようになります。

粒の横幅(ParticleWidth)

 粒の横幅です。タイプが雪の場合は直径になります。

粒の縦幅(ParticleHeight)

 粒の縦幅です。タイプが雪の場合は無効です。

プラグインパラメータ(テンプレート:速度設定)


 粒の移動速度に対する設定です。移動方向にも影響します。

速度X(SpeedX)

 X方向の速度です。マイナスにすると左に移動します。

速度Y(SpeedY)

 Y方向の速度です。マイナスにすると上に移動します。

プラグインパラメータ(テンプレート:位置設定)


 粒が発生する位置の調整を行います。
 設定によっては粒の発生地点に隙間ができるので、その場合はこれらの値を調整してください。

発生地点の横範囲(StartWidth)

 粒が発生する横範囲です。数式可。
 初期値は『Graphics.width + 100』。要するに画面の横幅+100の意味です。

発生地点の縦範囲(StartHeight)

 粒が発生する縦範囲です。数式可。
 初期値は『Graphics.height + 200』。要するに画面の縦幅+200の意味です。

発生地点のX座標補正(AdjustStartX)

 粒が発生するX座標の補正値です。初期値は-100

発生地点のY座標補正(AdjustStartY)

 粒が発生するY座標の補正値です。初期値は-200

プラグインパラメータ(テンプレート:表示設定)


 粒の表示に関する設定です。

合成する色調(BlendColor)

 色調を変更します。例:[255, 255, 255, 255]赤,緑,青,強さの順。
 こちらは画像を設定した場合にも有効ですが、非常に負荷が高いので注意。

合成方法(BlendMode)

 粒画像の合成方法です。
 値はMVのアニメーションを同じです。

拡大率(Scale)

 粒の拡大率。1が基準です。数式可。
 例えば『Math.random() * 3』にすれば、粒毎に0〜3倍に大きさが変動します。

角度(Angle)

 粒の角度です。0〜360で指定してください。
 『速度X』『速度Y』を指定していない場合、進行方向にも影響します。

プラグインパラメータ(テンプレート:不透明度設定)


 粒の不透明度に関する設定です。

開始不透明度(StartOpacityBase)

 粒が生成される際の不透明度です。最大255。初期値は160です。

開始不透明度分散(StartOpacityRandom)

 粒が生成される際の不透明度の分散値です。初期値は60。開始不透明度にこの値がランダムで加算されます。

不透明度減少値(ReduceOpacity)

 フレーム毎に減少させる粒の不透明度です。

終了不透明度(EndOpacity)

 不透明度がこの値より小さくなった際、粒を消去&再作成します。

 >RPGツクールMZ&MV目次に戻る
posted by 砂川赳 at 10:06 | RPGツクールMZ&MV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

画面の描画幅が半端な場合にスクロールを固定【RPGツクールMZ&MVプラグイン】

2022年09月18日

 画面の描画サイズが半端な場合にスクロールを固定します。
 具体的には画面幅に対応するタイル数が偶数の場合を想定しています。

 例えば、画面の横幅を960ピクセルとした場合、デフォルトの48ピクセルのタイルでは20個分に相当します。

 この際、スクロールタイプがループしない状態で、プレイヤーキャラクターを画面中央に配置すると、左端と右端のタイルが半分だけ見えている状況になります。

 この状況で、1画面に収まるマップを作りたい場合はマップの横方向のタイル数を21にすればよいのですが、プレイヤーが左右に移動すると、中途半端なスクロールが発生してしまいます。


 そこで、このプラグインでは自動でスクロールを固定します。
 その際、スクロール位置も画面中央に固定します。



目次


導入方法(Install)

更新履歴(History)

プラグインパラメータ

横スクロールを固定(HorizontalScrollLock)

縦スクロールを固定(VerticalScrollLock)


導入方法(install)


 以下のファイルをダウンロードし 、[プロジェクト]\js\plugins に放り込みます。ツクールのプラグイン管理から機能をONにしてください。
 ※このプラグインはMV、MZの両方で有効です。

 NRP_ScrollLockHalfTile.js ver1.00(2022/09/18)

更新履歴(History)


2022/09/18(ver1.00)

  • 公開!

プラグインパラメータ


横スクロールを固定(HorizontalScrollLock)

 条件を満たし際に横スクロールを固定します。

縦スクロールを固定(VerticalScrollLock)

 条件を満たし際に縦スクロールを固定します。

 >RPGツクールMZ&MV目次に戻る
posted by 砂川赳 at 13:03 | RPGツクールMZ&MV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DynamicMotionMZ(戦闘モーションを自在に制御)【RPGツクールMZプラグイン】

2022年09月17日

 スキル実行時の戦闘モーションを自在に制御するプラグインです。
 ※このプラグインはMZ版です。MV版はこちら!

 Click here for the English manual.(By Ryan Bram)

 自由なタイミングでバトラーを移動したりモーションを実行したりできます。
 さらにDynamicAnimationMZとの連動によって、アニメーションを自在に挿入できます。

 以下は紹介動画です。
※画面が小さい場合は右下の全画面表示をクリックしてください。

目次


導入方法(install)

更新履歴(history)

使用方法(usage)


テンプレートの解説(template)


その他情報(other information)


サンプル技(sample)


競合について(conflict)


導入方法(install)


 以下2つのファイルをダウンロードし 、[プロジェクト]\js\plugins に放り込みます。ツクールMZのプラグイン管理から機能をONにしてください。

 NRP_DynamicAnimationMZ.js ver1.192(2022/07/16)
 NRP_DynamicMotionMZ.js ver1.171(2022/09/17)

 ※アニメーション用プラグイン(NRP_DynamicAnimationMZ.js)については、解説ページをご覧ください。

オプション

MV用アニメーションをMZで扱う(詳細

 NRP_DynamicAnimationMV2MZ.js ver1.031(2022/04/28)

DynamicAnimationMZをマップ上で起動(詳細

 NRP_DynamicAnimationMapMZ.js ver1.09(2021/04/24)

DynamicMotionをマップ上で起動(詳細

 NRP_DynamicMotionMap.js ver1.06(2021/05/07)

DynamicAnimation&Motionの定義をtxtから読み込む(詳細

 NRP_DynamicReadTxt.js ver1.06(2021/03/04)

MV用アニメーションの軽量化(詳細

 NRP_LightAnimationMZ.js ver1.00(2020/09/10)

 ※プラグイン同士の配置順に注意してください。上記の掲載順にそのまま配置すれば安全です。

更新履歴(history)


2022/04/28 -> 2022/09/17(ver1.17 -> 1.171)

  • NRP_DynamicAnimationMV2MZ.jsの表示優先度を下端で判定する機能に対応。
  • 不死身制御時にアクターが死亡した際、HPの文字が赤色にならない不具合修正。(2022/09/17 ver1.171)

2022/02/06 -> 2022/04/15(ver1.16 -> 1.164)

  • モーション時に謎の黒線が見える不具合に対応。
  • 空中Y座標が正しく設定されない不具合修正。(2022/03/03 ver1.161)
  • condition指定時、条件を満たさなかった場合でもウェイトがかかってしまう不具合を修正。(2022/03/10 ver1.162)
  • ソース整理。(2022/03/10 ver1.162)
  • ver1.162にて繰り返し回数『r』を使用した数式が、うまく処理されない不具合修正。(2022/04/13 ver1.163)
  • SVモーション実行中にaddX, scaleXなどの各種情報がクリアされない不具合修正。(2022/04/15 ver.1.164)
  • sx, syを指定しているのに、一瞬だけ元の座標に表示される不具合修正。(2022/04/15 ver.1.164)

2021/11/18 -> 2021/11/19(ver1.15 -> 1.151)

  • 武器の表示プラグインによる二刀流と色変え機能の併用に対応。
  • TPBにて不死身制御を使用時、死亡処理が重複(効果音やメッセージ)して行われる不具合を修正。(11/19 ver1.151)

2021/09/11(ver1.14)


2021/08/06 -> 08/07(ver1.13 -> 1.131)

  • 仲間向けのスキルは反転しないように調整。
    ※NRP_DynamicAnimationMZも最新に更新してください。
  • 動作対象を変更した場合、ミラーリングが逆方向に動作する不具合修正。(08/07 ver1.131)

2021/04/24(ver1.12)

  • マップ版DynamicAnimationの『途中から再生』に対応。
    ※各関連プラグインも最新に更新してください。

2020/11/26 -> 01/20(ver1.11 -> 1.111)

  • 影プラグインとの連携用に調整。
  • "subject"でスキルの使用者を参照できるよう調整(01/20 ver1.111)

2020/11/20(ver1.10)

  • 『animatedSVEnemies.js』との連携用に調整。
    ※DynamicAnimationMZも最新に更新してください。

2020/11/08 -> 11/17(ver1.09 -> 1.092)

  • テンプレート一覧の表示情報を整理。テンプレートIDが収まるように調整。
  • 各モーション用のテンプレートを追加し、全てのモーションを呼び出されるようにした。『svGuard』というように頭にsvをつけて指定します。
  • 『reverse』『pattern0』『pattern1』『pattern2』のテンプレートを追加。モーションを逆再生したり、特定のパターンで固定したりできます。
  • 『ifAdjacent(隣接)』『ifDistant(遠隔)』のテンプレートを追加。マップ上でイベント同士が「隣接している時」「していない時」のみ実行する処理を作成できます。
  • マップ版『near』『crash』『back』の定義を拡張性を考慮して調整。
  • マップ版『return』で移動がない場合はジャンプしないように調整。
  • マップ版『clear』のテンプレートを追加。用途は後日説明予定。
  • マップ版にて『a』の参照先が常にスキルの使用者になっていた不具合を修正。(11/10 ver1.091)
  • マップ版『near』の定義が誤っていたので修正。(11/10 ver1.091)
  • 逃げる失敗時にエラーとなる不具合修正。(11/17 ver1.092)
    ※各関連プラグインも最新に更新してください。

    ※テンプレートの追加・修正はプラグインを再登録しないと反映されません。
    ただし、再登録すると全ての設定変更が初期化されてしまいます。
    それを避けたい場合、テンプレート定義一覧からのコピペをオススメします。


2020/11/05(ver1.08)


2020/10/29 -> 11/01(ver1.07 -> 1.072)

  • MZ v1.1.0で追加されたアニメーションの『下揃え』に対応。
  • アニメーションの頭上表示が反映されない不具合修正。
  • 各種モーションの設定プラグインで設定した武器振り速度が適用されない不具合修正。(ver1.071)
  • モーション実行時の切れ目をなくすため微調整。(11/01 ver1.072)
  • スキルにアニメーションの設定がないと落ちる不具合修正(11/01 ver1.072)

2020/10/17 -> 10/20(ver1.06 -> 1.061)

  • マップ用テンプレート定義一覧をプラグインパラメータに追加。同一IDのテンプレートでも、マップ上では異なる動作をさせられます。
  • ↑に伴いnear, back, stepForward, stepBack, return, homeの各テンプレートがマップ上では別仕様に。
  • 対象を向く(turnToward)、反対を向く(turnAway)をマップ用テンプレートに追加。
  • 戦闘中(ifBattle)、マップ中(ifMap)のテンプレートを追加。
    ※マップ関連のテンプレートについては、マップ版DynamicMotionのページを参照してください。
  • バトラー画像の変更が戦闘終了後に解除されない不具合修正。(10/20 ver1.061)
  • マップ版から戦闘背景として実行した際、戦闘再開でエラーになる不具合修正。(10/20 ver1.061)

2020/10/15(ver1.05)


2020/10/07(ver1.04)


2020/10/05(ver1.03)

  • DynamicAnimationのマップ対応に伴い調整。
  • 背後(back)型テンプレートを追加。
  • 頭上(position=0)を対象にした場合の移動位置を修正。行動主体の足元と対象の頭上を合わせるようにした。
  • 外部プラグインからの変更を想定し、クラス構造を調整。
    ※NRP_DynamicAnimationMZと合わせて最新版を取得してください。

2020/10/02(ver1.02)

  • DynamicAnimationのマップ対応に伴い大幅改修。
    ※NRP_DynamicAnimationMZ, NRP_DynamicAnimationMV2MZと合わせて最新版を取得してください。

2020/09/22(ver1.01)

  • 実行条件(condition)をリピート項目に変更。
    例:『condition = b.isStateAffected(10)』で対象が睡眠中の場合のみモーション表示。

2020/09/05(ver1.00 -> 1.004)

  • ツクールMZ対応版を公開!
  • アニメーションの設定がないと落ちる不具合修正。(ver1.001)
  • 一部モーションが飛ばされる不具合修正。(09/07 ver1.002)
  • モーション時の武器振りを微調整。(09/09 ver1.003)
  • タイムプログレス(アクティブ)用に微調整。(09/14 ver1.004)

使用方法(usage)


 スキル(アイテム)のメモ欄からテンプレートを呼び出すことでバトラーが動作します。以下は接近(near)型のテンプレートを呼び出した例です。
<D-Motion:near/>

 さらにテンプレートに対して、パラメータの追加・上書が可能です。
<D-Motion:near>
frame = 8 // 移動時間
</D-Motion>

 最低限の使用法は上記の通りですが、パラメータは非常に多くあります。
 まずは以下の『基本的な使用法』のページから見ると分かりやすいでしょう。
 その後、『テンプレートの解説』や『プラグインパラメータ一覧』を参照していくのがスムーズです。

 面倒なら『サンプル技』のページがオススメです。ほぼコピペでスキルが作れるので手っ取り早いです。
 ※ほとんどは元々、MV用に作ったページのままです。多くはそのまま使えると思いますが、合わない部分などは随時MZ用に修正していく予定です。


テンプレートの解説(template)



その他情報(other information)



サンプル技(sample)



競合について(conflict)


 当プラグインでは、表示優先度の変更によってバトラーの表示優先度を変更可能です。
 ただし、この機能は影響が大きいので競合などの問題が発生する場合は、オフにすることも可能です。

 >RPGツクールMZ&MV目次に戻る
posted by 砂川赳 at 18:56 | RPGツクールMZ&MV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする