マップイベントやコモンイベントの呼び出しを拡張【RPGツクールMZプラグイン】

2021年12月30日

 マップイベントやコモンイベントの呼び出しを行います。


 ツクールMZでは通常、マップイベントの呼び出しはできません。そんなわけで、かつてのツクール2000のように呼び出せるようにします。

 イベント名や変数を参照するなどして、自由度の高い呼び出しができます。
 また呼び出したイベントから『このイベント』を対象とする操作を行った場合、通常とは異なるキャラクターを対象にできます。
 例えば、通常は不可能なフォロワー(隊列歩行の仲間)を対象とすることもできます。

 ※ツクールMVには対応していません。
 マップイベントの呼び出しについてはテンプレートイベントプラグインなどでも可能です。プラグインコマンドで制御文字を有効にするプラグインと組み合わせれば変数指定も可能なので、大抵の要件には足りるはずです。


目次


導入方法(Install)

更新履歴(History)

使用方法(Usage)

マップイベントの呼び出し(CallMapEvent)

コモンイベントの呼び出し(CallCommonEvent)


謝辞(Acknowledgements)


導入方法(install)


 以下のファイルをダウンロードし 、[プロジェクト]\js\plugins に放り込みます。ツクールのプラグイン管理から機能をONにしてください。
 ※このプラグインはMZ専用です。

 NRP_CallEvent.js ver1.011(2021/12/30)

更新履歴(History)


2021/10/05 -> 2021/12/30(ver1.01 -> 1.011)

  • イベント名を指定して呼び出した場合、現在ページが正しく取得されない不具合修正。
  • TemplateEvent.jsが存在しない場合、エラーとなる不具合修正。(2021/12/30 ver1.011)

2021/06/24(ver1.00)

  • 公開!

使用方法(Usage)


 以下のプラグインコマンドを実行してください。

マップイベントの呼び出し(CallMapEvent)

 イベントID(イベント名)とページ番号を指定して、マップイベントを呼び出します。
 複数のイベントを同時に対象とすることも可能です。
 イベントIDのコンボボックスにサンプルが設定されているのでご活用ください。

コモンイベントの呼び出し(CallCommonEvent)

 コモンイベントID(コモンイベント名)を指定して、コモンイベントを呼び出します。
 要領はマップイベントとほぼ同じです。

 コモンイベントからさらにコモンイベントを呼び出す場合、『現在のコモンイベントID + 1』といった呼び出し方も可能です。
 ただし、この機能は正規の手順で呼び出したコモンイベントのみに有効です。
 外部のプラグインなどから呼び出した場合は、機能しない可能性があります。

謝辞(Acknowledgements)


 このプラグインはRPGツクールMZ公式のTemplateEvent.js(トリアコンタン様)を参考にさせて頂きました。

 >RPGツクールMZ&MV目次に戻る
posted by 砂川赳 at 13:58 | RPGツクールMZ&MV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

移動ルートの設定用コマンド(画像の変更など)を即時実行【RPGツクールMZ&MVプラグイン】

2021年12月23日

 移動ルートの設定用コマンドを即時実行し、タイムラグをなくします。
 特に画像の変更と向きの変更を組み合わせたアニメを行う際、別の画像が見えてしまう問題(下記動画)に対処できます。


 イベントコマンドで『移動ルートの設定』を呼び出した場合、各コマンドは1/60秒毎に実行される仕様になっています。
 この仕様によって困るのは、キャラクター画像の変更によってアクションをさせたい場合です。

 例えば、MZのデフォルトヒロインであるプリシアに対して、しゃがむアクションをさせたいとします。

 プリシアの画像はActor1.pngの左上から二番目です。対して、しゃがんだ画像はというと、
 Damage1.pngの左上から一番目の左向き画像となっています。

 プリシアが下向きだったとすると、『移動ルートの設定』によって変更する手順は以下の通りになります。

  1. 画像の変更:Damage1.pngの左上を指定
  2. 左を向く

 ところが、仕様により二つの動作の間には1/60秒の隙間が生じます。そうして起こってしまうのが、以下の現象というわけです。


 ※実際はもっと一瞬ですが、強調のため編集しています。

 画像を変更した直後はまだ下向きなので、Damage1.pngでは下向きの画像(=リード)が表示されてしまいます。
 直後に一瞬でプリシアに変化するとはいえ、プレイヤーが違和感を持つには十分な時間です。


 そんなわけで、移動ルートの設定時にコマンド間の隙間をなくすのがこのプラグインです。画像の変更や向きの変更以外にも、透明化やスイッチのON/OFFなど全般に効果があります。
 ※ちなみに、RPGツクール2000〜2003では元から一瞬で実行される仕様でした。XP〜VXAは知りませんが、旧来のツクールから移籍してきたユーザは注意が必要です。

目次


導入方法(Install)

更新履歴(History)

使用方法(Usage)

プラグインパラメータ

最大同時処理数(MaxImmediate)

自律移動カスタムに適用(ApplyMoveTypeCustom)


導入方法(install)


 以下のファイルをダウンロードし 、[プロジェクト]\js\plugins に放り込みます。ツクールのプラグイン管理から機能をONにしてください。
 ※このプラグインはMV、MZの両方で有効です。

 NRP_QuickMovementRoute.js ver1.00(2021/12/16)

更新履歴(History)


2021/12/23(ver1.00)

  • 公開!

使用方法(Usage)


 適用するだけでOKです。

 なお、初期状態では自律移動タイプが『カスタム』の場合のルートには適用されません。
 ※プラグインパラメータで変更可能です。

プラグインパラメータ


最大同時処理数(MaxImmediate)

 即時処理を同時に行う最大数です。

自律移動カスタムに適用(ApplyMoveTypeCustom)

 自律移動タイプがカスタムの場合にも処理を適用します。
 ただし、移動頻度が最大の場合が条件です。

 >RPGツクールMZ&MV目次に戻る
posted by 砂川赳 at 10:37 | RPGツクールMZ&MV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マップ移動時にイベントの位置を記憶&復元【RPGツクールMZ&MVプラグイン】

2021年12月16日

 マップ移動前にイベントの位置や向きを記憶します。
 元のマップへ戻った際に、それらの情報を復元します。


 例えば、回想イベントのように一時的に別マップへ移動して、再び元のマップに戻るような場合を想定しています。

目次


導入方法(Install)

更新履歴(History)

使用方法(Usage)

MZ用プラグインコマンド(Plugin Command MZ)

MV用プラグインコマンド(Plugin Command MV)

プラグインパラメータ

セーブデータに書き込む(UseSaveData)

場所移動時に自動復元(AutoRestore)


導入方法(install)


 以下のファイルをダウンロードし 、[プロジェクト]\js\plugins に放り込みます。ツクールのプラグイン管理から機能をONにしてください。
 ※このプラグインはMV、MZの両方で有効です。

 NRP_KeepEventData.js ver1.00(2021/12/16)

更新履歴(History)


2021/12/16(ver1.00)

  • 公開!

使用方法(Usage)


 場所移動を行う前にプラグインコマンドの『イベント情報を記憶』を実行してください。
 元のマップに戻ってきた際、自動でイベント情報が復元されます。

 この際、記憶したイベント情報は削除されます。

MZ用プラグインコマンド(Plugin Command MZ)


イベント情報を記憶

 イベントの位置や向きを記憶します。

イベント情報を復元

 記憶したイベントの位置や向きを復元します。
 ※初期設定では自動実行されるので指定は不要です。

記憶したイベント情報を消去

 記憶したイベントの位置や向きを削除します。
 マップIDを空欄にした場合、全情報を削除します。

MV用プラグインコマンド(Plugin Command MV)


 機能はMZ版と同じため、説明は割愛します。
 ※大文字個別は区別しません。また[]は含まないでください。

イベント情報を記憶

NRP.KeepEventData.SaveEvents

イベント情報を復元

NRP.KeepEventData.RestoreEvents

記憶したイベント情報を消去

NRP.KeepEventData.RemoveSaveEvents [マップID(省略可)]


プラグインパラメータ


セーブデータに書き込む(UseSaveData)

 セーブデータにイベントの記憶情報を書き込みます。
 オフの場合、記憶情報が保持されなくなります。

場所移動時に自動復元(AutoRestore)

 場所移動先のイベント記憶情報が存在していた場合、自動的にイベント情報の復元を行います。

 >RPGツクールMZ&MV目次に戻る
posted by 砂川赳 at 13:32 | RPGツクールMZ&MV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする