プラグインコマンドで数式や制御文字を有効に【RPGツクールMZ&MVプラグイン】

2021年06月11日

 プラグインコマンドでJavaScript計算式や制御文字を使用できるようにします。
 ※ver1.011までは処理が非常に重くなる重大な問題がありました。
 ver1.02(2021/06/11)への更新をお願いします!


MZの場合


 以下のように\v[1], \n[1]などの制御文字をパラメータに設定すれば、変換した値が渡ります。


MVの場合



 例えば、変数1をパラメータに使用する場合、以下の二通りの方法が有効となります。
command $gameVariables.value(1)
command \v[1]

 また、戦闘中は『a』で行動主体を参照できます。
 ※ただし、ターン開始・終了時など行動主体を特定できない状況では使えません。
command a.hp

 理論上は複雑な数式も使用可能ですが、半角スペースが区切りとして扱われる点にはご注意ください。

目次


導入方法

更新履歴

注意点

プラグインパラメータ


導入方法


 以下のファイルをダウンロードし 、[プロジェクト]\js\plugins に放り込みます。ツクールのプラグイン管理から機能をONにしてください。
 ※このプラグインはMV、MZの両方で有効です。

 NRP_EvalPluginCommand.js ver1.02(2021/06/11)

更新履歴


2021/06/11(ver1.02)

  • 処理が非常に重くなる重大な問題に対処。

2020/09/22(ver1.01 -> 1.011)

  • ツクールMZに対応。
  • 初期状態では数式を無効にした。それに伴い『数式評価を行うかどうか?』のプラグインパラメータを追加した。
  • 変数の値を変更しても、プラグインコマンドに反映されない不具合修正。(09/23 ver1.011)

2020/06/08(ver1.00)

  • 公開!

注意点


  • ver1.01より標準では数式は無効となっています。\v[1]などの制御文字のみ有効となっています。
    数式を有効にしたい場合はパラメータで切替してください。

  • DynamicAnimation&Motionから呼び出せるプラグインコマンドには効果ありません。あちらでは、元から関数は使用できますが、\v[1]などの制御文字は効きません。微妙に挙動が違うのでご注意ください。
    気が向いたら、あちらにも実装するかもしれません。


プラグインパラメータ


数式評価を行うかどうか?(enableEvaluate)

 パラメータの数式評価(eval)を有効にします。

 >RPGツクールMZ&MV目次に戻る
posted by 砂川赳 at 10:55 | RPGツクールMZ&MV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする