【RPGレビュー】ペルソナ5

2017年01月05日


発売元アトラス(公式)
機種PS4
発売日2016/09/15
質量物語システムバランス快適性美術音楽平均クリア日
100908080609080832016/09/29

質量/物語


 難易度ノーマルでプレイして、クリアまでたぶん80時間くらい。前作に負けず劣らずの長さ。
 PS3と4の両方で同時発売。PS4でプレイしたけど、3でも大差ないはず。

 高校生と怪盗――二つの仮面を持った主人公達が活躍する話。
 ストーリー重視の作品で、序盤の5時間はオープニングイベントとチュートリアル。わずかに戦闘があるだけ。
 それでいながら、ゲーム的にもどっしり重い。ペルソナ4と同じで、ダンジョンのクリアには1つ大体5時間ぐらいかかる。
 ともかく、基本的にはストーリーとキャラクターを楽しむ作品なので、それが合わなければまず楽しめない。けれど、合えば神ゲー間違いなし。

 ストーリーにミステリー的な要素が含まれているのは、前作と同じ。衝撃的なオープニングからどのように物語を導いていくのか、興味を惹かれる。
 ブラック企業とか、社会問題をネタにしていて色々と笑える。某地方議員ネタまであったりと充実。時事ネタはすぐに古くなるのがあれですが……。

 燃える終盤の展開。どこか半端な真エンディングがあったペルソナ4と比較すれば、終わり方もよいのではないだろうか。
 欠点を挙げるとすれば、ダンジョンが長すぎたり、快適性に難があったりで、ストーリーテンポがよくないこと。若干、空気っぽい仲間キャラがいること。
 それでも、気にならない程度には熱中できた。

 ダンジョン探索の合間に、キャラクターと仲を深めていくコープ(前作のコミュに相当)も存在。おっさん連中が渋い。
 今回も恋愛要素があるが、女性なら歳上含めほとんどの相手が恋愛対象に含まれている。担任の先生まで対象に含まれている事実に苦笑。

システム/バランス/快適性


 基本的な作りは前作ペルソナ4とほぼ同じ。
 戦闘面についての最も大きな変化は悪魔会話の復活。ペルソナ1〜2よりも単純だが、手間がかからないのは利点。
 その他にも、銃の再登場、属性の増加などもあるが、全体として大きな変化・進歩はなし。

  • 弱点を突いて総攻撃
  • 全体攻撃で一掃
  • ボス戦では補助魔法で強化しながら攻撃+全体回復

 ペルソナ3時代からやることは代わり映えしない。今回は特に先手を取りやすいため、戦闘のパターン化が著しい。中盤以降、ザコ戦の多くが先制攻撃からの1ターンで瞬殺できるが、そのぶん単調に感じるところも。
 もっとも、油断するとすぐにやられる緊張感あるバランスは健在。ペルソナ3、4と同じく主人公が戦闘不能になるとゲームオーバー。

 今作では、狭い通路が多く敵シンボルの回避がやりづらい。回避できないことはないが、ノロノロと動く敵シンボルが通り過ぎるのを、ジッと待つ必要がある。うっかり敵に奇襲された時のリスクが大きいため、やはり戦いを避けるのは難しい。

 このシリーズの例に漏れず序盤が難しい。ザコの魔法で全員が一気に瀕死となるなんてことも。
 序盤については、敵の強さ、SPの不足によるダンジョンからの帰還……など、シビアなバランスできっちり調整されている。
 中盤以降は技や装備が充実していって、難易度はやや低下。このシリーズは毎度ながら、全体回復魔法に頼り切りの戦闘になっていく印象がある。

 前作ではコミュレベルを上げても、利点が乏しいことも多かった。そこは今作のコープで改善。政治家と仲良くなると、悪魔交渉がうまくなったりと、キャラクターの特徴を活かした技能が充実している。

 気になったところでは、役に立たないアイテムや要素が大量にあること。例えば、アクセサリ類では比較的序盤から手に入るSP自動回復が圧倒的に有利。それ以外のものはほとんど使わなかった。
 アクセサリは二つまで装備できるとか、何かしら工夫があってもよかったのではないかと。
 ダンジョンが長いわりに成長要素・強化要素が乏しいので、どうしてもそこは退屈感がある。

 今回は難易度調整ができるようになった。
 このシリーズ、初代の時点からライトユーザに受けがよさそうなキャラゲーだが、ゲーム的にはヘビーユーザ向けだった。そういうミスマッチの解消のためにも、難易度調整はありがたいはず。

 ダンジョン(パレス)は過去シリーズと比較すると、かなり作り込まれている。前作ではランダム生成型のダンジョンになっていたが、今作は凝ったギミックのある固定ダンジョンに。
 その代わり、後半のダンジョンは何かと面倒に感じる部分も。
 似たような謎解きを工夫なく連続で使うのも×。なんせ、1ダンジョンに5時間とか当たり前のようにかかるので……。
 ランダム生成ダンジョンとして、今回は『メメントス』が存在する。しかしながら、わりと退屈な作り。メインストーリー用のダンジョンがあるので、こっちはもう少し短くしてもと思う。

快適性

 快適性が向上した部分としては、以下の通り。

  • コープの位置が地図上から一目瞭然になった。
  • ムービーのスキップやイベントの早送り機能が搭載された。

 演出に力を入れている分、快適性を損なっている部分も。大半は前作通りで、悪化した部分も。

  • 画面切替の時間(特にベルベットルーム)
  • 日数経過の演出時間
  • 戦闘終了画面の表示に約10秒
  • 総攻撃の演出時間
  • くどいパラメータアップ演出
  • それ以外にも全体的に色んなところでウェイトが
  • リセットしたい状況でも、ソフトリセットなし。データロードできるタイミングまで待つ必要あり。
  • 飛ばせないロゴがたくさんあって、ゲームの起動に一分近くかかる。

 スキップできてもよいと思うものが多々あり。まさかPS4にそこまでのロード時間は必要ないはず。この辺の快適性は一昔前の水準に留まっている。
 この辺を改善したら、プレイ時間をあと5〜10時間は減らせると思う。

美術


 グラフィックはPS2に毛が生えたぐらいの水準。それでも、独特のセンスが至るところに発揮されている。戦闘終了画面の表示なんて、本当にオシャレ。……10秒もかかって、鬱陶しいけど。

 ダンジョン探索時および戦闘時は、怪盗姿に変身して行う。ただし、個人的には怪盗姿がちょっと微妙なキャラも……。

 今回から敵シャドウがペルソナ(悪魔)と同一になった。3〜4のようなキモい敵でなくなったのは、旧来のシリーズファンには嬉しいところ。
 ボス戦もそれぞれ個性を発揮していて見栄えがいい。

音楽


 相変わらず独特のセンスを発揮。
 前作、前前作と比較したら通常戦闘の音楽が印象に残らなかったかも。でも、ボス戦曲はそれなりにお気に入り。
 予告状出した後の決戦曲も怪盗団のテーマという感じでよい。

 気になったのはメメントスの音楽が地味&陰鬱すぎること。ダンジョンの退屈さも相まって、これは気が滅入った。3のタルタロスも似たような感じだったけれど。

まとめ


 プレイしてみての感覚はペルソナ4とほとんど変わらない。良いところも悪いところも大体そのまま。4が好きだった人にはオススメして問題なし。逆もまたしかりで、4が合わなかった人にはまず確実に刺さらない。

 丁寧に作り込まれたゲームであることは間違いない。けれど、ゲームシステムとしての進化は小さい。それこそ10年前の水準といってもよいかも。
 それでも、安心して遊べるゲームであることがありがたい。
posted by 砂川赳 at 20:02 | RPGレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする