【RPGレビュー】ファイナルファンタジー4

2013年07月27日


発売元スクウェア
機種SFC
発売日1991/7/19
質量物語システムバランス快適性美術音楽平均クリア日
60707060707080691998年頃

 FF4と言えばSFC初期の発売で『当時の衝撃』が強調されることが多い作品。
 残念ながら、僕の場合はFF5〜6よりもかなり後になってプレイしたため、発売当時の衝撃というものを知らない。思い出補正的なものはなく、FF5〜6よりも幾分評価が低いというのは先に断っておきます。

質量/物語


 前作のFF3と比べてもダンジョン数がかなり少ない。(FF3の25に対して、FF4は18)
 そして、テンポはそこそこ良い部類なので、意外とあっさり終わる。クリアまで15〜20時間という所だが、その内3〜5時間程度がラストダンジョン。この極端な配分はクロノトリガーにも類似している。

 敵味方共に、多数のキャラクターが登場する。後のドラマ性重視のRPGの先駆け的存在。当時のRPGとしては演出・シナリオ等の面で圧倒的なものがあった。ただし「死んだ」「生きてた」「裏切った」の繰り返しなので、安易に感じる部分も。
 とはいえ、王道漫画的な演出で盛り上げるラストバトルは熱い。SFC作品のラストバトルではこれとマザー2が良く語り草になっているように思う。

システム


 この作品で、おなじみATB(アクティブタイムバトル)が採用された。コマンドを入力するスピードが重要となる。ただし、この頃はタイムゲージが表示されていないので、順番が分かり辛いのが難点。

 ストーリー進行に応じて、キャラクターがころころ入れ替わるので、自由なパーティー編成はできない。また、これといった強化システムがないので、FF5以降のようなカスタマイズ性はない。というか、ジョブシステムのあったFF3と比較してもシンプルな作り。

バランス


 FFシリーズの中でも、ザコ敵がかなり強く設定されているのが特徴。ラストダンジョンのザコ敵なんて、油断するとすぐに全滅を喰らう。その割に、ボスは弱点さえ付けば拍子抜けするほどあっさり勝てることも。
 ただし、ラスボスを始め、強くて手応えあるボスもいる。
 アサルトドアー等、ボス敵がこちらをほぼ確実に一撃死させるような技を使うことがある。蘇生に使うフェニックスの尾がたったの100ギルで買えるので対処は簡単。
 とはいえ「戦闘不能→蘇生」の多用を想定したゲームバランス自体がちょっと大味な感も。

 この作品で僕が最も気になったのはエンカウント率の高さ。ザコの強さと相まって辛い。
 それでいて異様に逃げやすく、戦闘開始と同時にLRボタンを同時に押せば瞬時に離脱できてしまう。
 結果として、エンカウントする度に『逃げる』を多用するというプレイスタイルになった。
 ただし、逃げるとお金を落とすのが嫌らしい。
 簡単に逃げられるのは良いのだが、それならそもそものエンカウント率を下げて欲しい――と僕なんかは思った次第。

 FF5以降のシリーズ作品では、ジョブやアビリティといった要素が重要で、レベル上げによる強化は軽視されることが多かった。
 それと同じ感覚でFF4をプレイすると難しく感じるのだが、基本的にこのゲームはレベルをしっかり上げることが重要となる。それさえ意識していれば、難しくてクリアできないということにはならないはず。

 他に困ったところでは、回復魔法を全体化すると効果が人数で等分されてしまうことが挙げられる。ザコ敵は強めだし、MPの消費量も大きいのですぐにMPが切れてしまう。FF5以降のバランスに慣れていると、ここは結構厳しく感じる。

快適性


 SFC初期の作品には良くあることだが、移動速度はFCのRPg並に遅いし、文章はひらがなで読みにくい。
 メニュー画面の操作はFF5以降と比べると明らかににぶい。アイテムに持ち数制限があったりするのも微妙に面倒。もっとも、この当時は全種類のアイテムを制限なく持てるようにするという発想自体、珍しかったのだと思われる。

美術


 当時は他の追随を許さない圧倒的な演出力があった。いきなり飛空艇の上から始まるオープニングなんて、いかにもこの作品らしい。他にも、イベント戦闘を有効に使った演出が特徴。テラVSゴルベーザの戦いや、ラストバトルなどがその例になる。

 SFCでも初期の作品なので、さすがにFF5や6と比較すると見劣りは隠せない。特にモンスターグラフィックには大きな差。それでもボス敵のデザインはさすがといったところ。

音楽


 オープニングで流れるプロローグが印象的。これ以降、FF12までプロローグを聴く機会がグッと下がるのは残念。
 スピード感のある通常&ボス戦闘曲に圧巻のラスボス曲。当時としては質量共にかなり水準。
 全体的には1ループが短めの曲が多く、ストリングスと管楽器に偏った楽器構成。FF5〜6のようなスルメ感はちょっと足りないかも。

その他


 3D&ボイス付きのDS版リメイクや、17年振りの続編『THE AFTER 月の帰還』(携帯&PSP)が存在する。
 僕はどちらもプレイしていないので、何とも言えないが、聞く所によるとDSリメイクはなんと難易度が上昇しているらしい。元々、難しかったのに携帯機リメイク=低難度というイメージでプレイするとエラいことになりそう。
posted by 砂川赳 at 06:00 | RPGレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする