【RPG制作講座】快適性に関わる意外な落とし穴

2012年07月14日

 制作者が良かれと思い導入した仕様がプレイヤーにとっても、最善で快適とは限らない。むしろ、面倒だったり不快だったりすることもあり得る。ここでは、制作者が陥りやすい意外な落とし穴について、例を挙げていきたい。

盗む


 戦闘において、敵からアイテムを盗むことができるというシステム。プレイヤーからすれば、アイテムが手に入って嬉しいという反面、面倒な部分もある。特にボス敵からレアアイテムを盗めるような設定をしている場合は要注意。

 代表的な例はやはり、主人公からして盗賊のFF9だろう。ボス戦で敵から強力なアイテムを盗むことができるのだが、成功確率が低くて時間が掛かる。よって、プレイヤーはボスの攻撃を耐え忍びながら、延々『盗む』を繰り返すハメになる。ボス戦という山場において、プレイヤーが興冷めしてしまう可能性がある。
 FF9のボス戦に限らず、敵を倒す前にアイテムを盗むというプレイ自体、あまりテンポが良いものではない。特に戦闘重視のゲームとは相性が悪い。

 また、特定のキャラクターしか『盗む』を使えない設定だった場合、アイテム収集重視のプレイヤーは事実上、そのキャラクターの使用を強制されるという問題もある。

 アイテムの入手手段というのは『盗む』以外にも色々とある。『店』『宝箱』『戦利品』等々だ。上記の手段を駆使するだけでも、十分に面白いアイテム収集を実現できるはず。ゲームテンポを阻害しやすい『盗む』を採用するかどうかは、他の要素との兼ね合いを考慮して決めたい。

 もし、採用する場合でも「ボスにはアイテムを設定しない」「ボスからは100%アイテムを盗める」「FFの『ぶんどる』の様に攻撃と盗むを共存させる」といった工夫で上述の問題は緩和することができる。

※ちなみに、FF9は『ぶんどる』の性能が弱いことも、問題を悪化させている。

装備品・スキルによるレベルアップボーナス


 特定の装備品やスキルを身に着けたままレベルアップすると、普段より多くの能力が上がるシステムのことを指す。一見、プレイヤーにとって嬉しい要素と感じるが、そこに落とし穴がある。

1.プレイヤーが効率を求めた場合、レベルアップ直前のキャラクターに対して装備の付け替えを行うことが最善手になる。これは面倒な作業になる。

2.後半に強力なレベルアップボーナス装備が手に入るような設定だった場合、序盤から愛着を持って育てていたキャラよりも、「後半加入のキャラ」及び「前半から低レベルのまま、温存しておいたキャラ」の方が強くなる余地が多くなってしまう。間接的に「育てたいキャラを序盤の戦闘に参加させない」など、いびつなプレイを推奨してしまうことになる。
(例:タクティクスオウガ、ペルソナ2、ヴァルキリープロファイルの装備品、FF6の魔石、FF8のアビリティ、テイルズシリーズの称号など)

 単にレベルアップ時に成長するパラメータを選べるようにしたいならば、そのようなシステムを作ればよい。装備などに依存させる必要はないはず。
(例:メガテンシリーズやDQ8のスキルマスターなど)

金&経験値アップ・移動速度アップなど、便利過ぎる装備品・スキル


 FF5における移動速度アップの『ダッシュ』、FF6における経験値アップの『グロウエッグ』、移動速度アップの『ダッシューズ』、FFTの『取得JPアップ』など、装備することで、便利な効果を得られる装備・スキルを指す。
 とても便利ではあるけれど、それゆえにプレイ効率を考えた場合、優先して付けざるを得ない。事実上、装備欄を占有してしまうため、結果的にはプレイヤーの選択肢を狭めてしまう。

 こういう装備品やスキルは装備欄を占有しない形のシステムを考えるか、最初から一切、作らないのも手だ。経験値稼ぎの手段を作りたいならば、DQのメタル系モンスターの様な物を作るなどの方法もある。また、移動速度は最初から快適なものにしておくことが望ましい。

 類似した問題として、スパロボシリーズにおける精神コマンド『努力』『幸運』がある。敵を倒した時の経験値・金が二倍になる効果があるが、プレイ効率を考えた場合、ボスにトドメを刺す際は該当の精神コマンドを持つキャラで行うことが定例作業となってしまう。結果的に手順を増やし、プレイの幅を狭める。

ダッシュ機能


 マリオのBダッシュの如くボタンを押しながら移動すると、歩行速度が速くなるという機能。アクションならばともかく、ボタンを押す手間が増えるので、RPGでは基本的に不要。やはり、デフォルトで快適な速度で移動できるようにしたい。

 この仕様はSFC中期〜PS中期ぐらいまで、なぜか流行っていたが、FF8がデフォルトでダッシュする仕様を採用した頃から廃れていった。今となっては時代遅れな仕様だと思うが、ツクールVXはこれがデフォの様なので困る。

 なお、ロマサガ2・3では「ダッシュ中に敵にぶつかると陣形が崩れる」という仕様があるが、こういうゲームシステム的な仕掛けがあるなら悪くはない。

速過ぎる歩行速度


 では、歩行速度は速ければ速いほどよいか、というとそうでもない。歩行速度が速いことは一見快適だが、ここにも落とし穴がある。移動が速過ぎると、画面スクロールが速過ぎて目に優しくないし、風景をよく見て貰えない懸念もある。移動の速さは程々で十分かと思う。
(具体的にはSFCのDQ3・6、RPGツクール2000の標準速ぐらい。)

 特に速い移動速度に合わせて、マップを大きめに作成するのは本末転倒なのでお勧めできない。歩行速度を過度に速くするなら、最初からマップを小さめにすべき。その方が密度が濃いマップを作れるし、製作時間も小さくなってよい。
 同様に歩数で判定を行うランダムエンカウント形式の作品で、移動速度だけを速くされると、体感エンカウント率は跳ね上がる。物凄くストレスが溜まるので注意。

 もっとも、アクションRPGなどで、スピード感を出したいなら速い移動速度も妥当な選択だ。

セーブ+確率要素によるリセットプレイ


 スパロボなどのSRPGでは、味方の攻撃が敵に当たるかどうかは確率に依存する。なおかつ、基本的に戦闘中ならば、いつでもセーブできる仕様がある。そのため、攻撃前にセーブを行い、攻撃が敵に当たるまで、ロードを繰り返すというテクニックが存在する。

 また、確率で成否が決まるアイテム合成などの要素が存在するRPGにおいても、同様に成功するまで、ロードを繰り返すテクニックが使用できる。
(例:アンリミテッドサガ、タクティクオウガ運命の輪)

 これらはかなり面倒な作業となる。当然、テンポは悪くなるし緊張感もなくなる。それでも、効率良くゲームを進めようとすると、自然とこの種の『リセットプレイ』に頼ってしまうプレイヤーが多いと思う。
 しかし、こういった作業を楽しいと感じる人はあまり多くないはず。ならば、やはりリセットプレイの乱用を推奨するようなシステムは避けたい。

※個人的にリセットプレイを100%否定する気はない。ボスに勝てるまで、試行錯誤しながら、戦闘を繰り返すことは楽しい部分も多い。ただ、上記の例は単なる運頼みに偏りすぎている。

 対処法としては、セーブできるタイミングを限定することが、まず挙げられる。SRPGならば、ターン終了時にセーブできるぐらいが調度良いのではないだろうか。
 アイテム合成ならば、合成自体は必ず成功するようにしておき、確率を絡ませるのは他の場面にすればよい。例えば、ザコ敵を倒した時に確率で合成素材を落とすようにするなど。

※戦闘機会が限られる固定敵に対して、確率で落とすレアアイテムを設定するのは逆にリセットプレイを推奨する行為なので止めよう。

まとめ


 往々にして、制作者視点の「〜すれば〜できる」はプレイヤー視点だと「〜しなければ〜できない」になって、不快感を与えてしまう可能性があるので注意したい。
 例えば、FF10のミニゲームを例に挙げれば……

【制作者視点】
「ミニゲームをクリアすれば、最強の武器が手に入る。最強武器が無くともゲーム本編のクリアは十分できるので、ミニゲームが嫌いなプレイヤーにも配慮した」


 と、それなりに理解できる理屈だけど、これがプレイヤー視点になると……

【プレイヤー視点】
「ミニゲームをクリアしなければ、最強の武器が手に入らない。最強武器は欲しいが、ミニゲームは面倒。何となく不愉快だ」


 となったりする。

 このように、プレイヤーは制作者の都合の良いように、物事を解釈してくれるとは限らない。自分がプレイヤー視点に立った場合に「どう動き」「どう感じる」か、ということは常に意識していきたい。

>RPG制作講座目次に戻る
posted by 砂川赳 at 08:00 | Comment(8) | RPG制作講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

  1.  なるほど、常にプレイヤーの気持ちを配慮した作り込みが開発者には求められるというわけですね、勉強になりましたv お世辞抜きで、本を出せるレベルかと思われます^^

     私もこれから、ウディタで頑張って名作RPGを作っていこうと思っている次第でございますv お互い頑張りましょうm(_)m

     完成に2、3年費やすかも知れない超大作RPGですが、体験版なら今冬公開可能かと思われますゆえ、宜しくお願い申し上げます。
    Posted by キャロル・アイスマン at 2012年07月14日 21:36

  2. 自分が大量のゲームをプレイしていて「これって面倒なだけじゃね?」っと思ったものを片っ端からまとめてみました。もっとも、この辺の要素でも、工夫次第では面白く化けるかもしれませんけれど。

    超大作RPGの件、中々に大変そうですが、体験版楽しみにさせて頂きます。
    Posted by 砂川赳 at 2012年07月15日 16:45

  3. メチャメチャ参考になりました・・・ありがとうございます。
    「盗む」についてのところなど『言われてみれば本当にそうだな…』と思い、読みながらモニターに向かってウンウン首振ってました。

    「盗む」でボスからレアアイテムを取ろうとしてミスを重ねるのは、一昔前はやった食玩コンプリートを目指して大量にダブらせる人を思い出します。
    Posted by 6line at 2013年04月19日 00:51

  4. >>3
    >一昔前はやった食玩コンプリート
    最近も携帯ゲームのコンプガチャが社会問題になってましたね。楽しむはずの娯楽でストレス溜めるとは本末転倒な上に、経済的損失も大きくては目も当てられません。引き際の見極めって大切だなとつくづく思います。
    Posted by 砂川赳 at 2013年04月19日 22:03

  5. 盗むはSRPGなどで敵が装備を持っている作品なら盗んで弱体化に繋がります
    場合によっては武器を盗むと武器依存の攻撃が使えなくなることも
    Posted by 十拳剣 at 2013年10月04日 21:52

  6. >>5
    自分が把握している限りではFEやFFTでありましたね。普通のRPGでも、FF10やワイルドアームズ3では敵が持つ回復アイテムを奪い取って有利になんてのも。さらにFF10だと、機械敵の部品を奪って一撃必殺もありました。応用の幅は広そうですね。
    Posted by 砂川赳 at 2013年10月05日 07:08

  7.  DQのメタル系はむしろ悪いストレスに分類されと思う
    会えなかったり、逃げられたりしたら・・・ね

     何度でも戦えるボスの方が充実感あるストレスになると思う


     日本一さんの投げシステムは看板みたいになってるな
    Posted by 十拳剣 at 2013年10月07日 23:27

  8. >>7
    あくまでスキル・装備欄を専有しない経験値稼ぎ手段としての提案なので、まあその辺のストレスはここでは二の次です。ただ僕の場合、経験値稼ぎの場所と相手が固定されてしまうという観点で、安易にメタル系のような敵を作るのは考えものかな〜と思っています。
    Posted by 砂川赳 at 2013年10月08日 20:31