DynamicAnimation 表示系テンプレート【RPGツクールMZ&MVプラグイン】

2020年02月20日

 このページはDynamicAnimationプラグイン(MZMV)の解説の一部です。

 その他のテンプレートについて説明します。
 ※表示しているverはMV版DynamicAnimationが基準ですが、全てDynamicAnimationMZでも有効です。

目次



進路を向く(lookCourse)(ver1.04)


 アニメーションが常に進路を向きます。
<D-Animation:arcRandom&lookCourse/>
arrival = 8 // 到達フレーム
</D-Animation>


 例えば、放物線に合わせて角度を変える矢などが表現できます。

回転(roll)(ver1.05)


 アニメーションを回転させます。
<D-Animation:shot&roll/>
arrival = 10 // 到達フレーム
rotation *= 3 // 3回転
</D-Animation>


 『rotation』に値をかけることで回転数を変更できます。指定がなければ1回転です。
 なお、目標へ到達すると回転は止まります。

画面(screen)(ver1.06)


 画面全体にアニメーションを表示させます。
<D-Animation:screen/>


 画面全体にかかる演出やカットインなどにどうぞ。
 これを使った召喚っぽい演出のサンプルはこちら


 対象の頭上を基準にアニメーションを表示します。
 MVでアニメーションの位置を『頭上』にした場合、または『position = 0』を指定した場合と同じです。
 ツクールMZではこの機能がなくなってしまいましたが、その代わりにもなります。
<D-Animation:head/>


中央(center)(ver1.20)


 対象の中央にアニメーションを表示します。
 MVでアニメーションの位置を『中央』にした場合、または『position = 1』を指定した場合と同じです。
 MZでは表示タイプを『対象ごと』にした場合の動作に相当します。
<D-Animation:center/>



 対象の足元を基準にアニメーションを表示します。
 MVでアニメーションの位置を『足元』にした場合、または『position = 2』を指定した場合と同じです。
 MZではv1.1.0で追加された『下揃え』に相当します。
<D-Animation:foot/>


全体(whole)(ver1.20)


 対象全体の中央にアニメーションを表示します。
 MVでアニメーションの位置を『画面』にした場合、または『position = 3』を指定した場合と同じです。
 MZでは表示タイプを『画面の中央』にした場合に相当します。
<D-Animation:whole/>


 >DynamicAnimationMZプラグインに戻る
 >DynamicAnimationプラグインに戻る
 >RPGツクールMZ&MV目次に戻る
posted by 砂川赳 at 00:00 | RPGツクールMZ&MV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DynamicAnimation 制御系テンプレート【RPGツクールMZ&MVプラグイン】

 このページはDynamicAnimationプラグイン(MZMV)の解説の一部です。

 制御系のテンプレートについて説明します。

目次


  • 追従(follow)(ver1.031更新)
  • 自分(self)(ver1.031)
  • ウェイト(wait)(ver1.03)
  • ディレイ(delay)(ver1.03)
  • ダメージ(damage)(ver1.09)
  • 全体ダメージ(damageAll)(ver1.21)
  • 戦闘中(ifBattle)(ver1.18)
  • マップ中(ifMap)(ver1.18)

    追従(follow)(ver1.031更新)


     対象にアニメーションを表示します。
     対象が移動した場合も自動的に追跡します。
    <D-Animation:follow/>

     DynamicMotionとの連携で、真価を発揮する機能です。

    自分(self)(ver1.03)


     行動主体をアニメーションの表示対象とします。
    <D-Animation:self/>
    <D-Animation:random&self/>

     普通に使ってもよいですし、&融合機能で活用しても便利です。

    ウェイト(wait)(ver1.03)


     アニメーションの表示終了を待ちます。
    <D-Animation:wait/>
    <D-Animation:random&wait/>

     こちらも&融合機能向きです。

    ディレイ(delay)(ver1.03)


     前のアニメーションの表示終了を待ちます。ウェイトとは指定するタイミングが異なるだけです。使いやすいほうを使ってください。
    <D-Animation:delay/>


    ダメージ(damage)(ver1.09)


     アニメーションの終了に合わせてダメージ処理を行います。スキルに連続回数の指定をすれば、複数回のダメージ処理も可能となります。

     ※この処理は不安定です。連続回数が多い場合や範囲が全体の場合は、うまく動作しないことがあります。
     ダメージタイミングの調整プラグインで『ダメージ一括表示』を適用すると安定します。ただし、公式のSimpleMsgSideViewと組み合わせる必要があるのでご注意ください。


    <D-Animation:damage>
    nextDelay = 7 // 連続攻撃の間隔
    </D-Animation>



    全体ダメージ(damageAll)(ver1.21)


     アニメーションの終了に合わせて、全てのダメージ処理を行います。
     通常のダメージ処理を早めるだけなので、上記の『damage』よりも安定して使えます。メッセージ表示と併用する場合は、こちらを使っていくほうがオススメです。
    <D-Animation:randomAll&damageAll/>


     なお、テンプレートを作っておいてなんですが、damageAll機能は以下のようにフレーム数を指定したほうが使い勝手がよいかもしれません。用途に合わせて使用してください。
    <D-Animation:randomAll>
    damageAll = 10
    </D-Animation>


    戦闘中(ifBattle)(ver1.18)


    マップ中(ifMap)(ver1.18)


     それぞれ、戦闘画面の場合のみ、マップ画面の場合のみ実行します。
     マップ版DynamicAnimationを導入しないと意味がありません。

     >DynamicAnimationMZプラグインに戻る
     >DynamicAnimationプラグインに戻る
     >RPGツクールMZ&MV目次に戻る
  • posted by 砂川赳 at 00:00 | RPGツクールMZ&MV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする